保証会社の活躍

タイトル

保証会社の活躍

保証会社の活躍 アパートやマンションなどの賃貸物件を借りる際、賃貸借契約とは別に保証会社とも契約を結ぶことになります。不動産の契約で保証会社を利用することの意味は家賃滞納のリスクを担保するためで、物件を貸す側のオーナーと借りる側の入居者の双方にメリットがあります。賃貸物件のオーナーが最も避けたいのは入居者からの家賃が滞ることでしょう。期日までに家賃が支払われなければ、オーナーにとっては痛手になりますし督促を行う労力も必要になります。
オーナーと入居者との間に保証会社が入っていれば会社の方で家賃を立て替えてくれるので、オーナーとしては賃貸経営に何らダメージを受けることがないのです。一方入居者の方も期日までに家賃を支払えないと退去を迫られる可能性があるため、会社に立て替えてもらい後日返済するという形がとれるようになります。転職や休職など何らかの事情で家賃を支払えなくなることも十分想定できますから、いざというときのために契約しておくと安心です。

保証人不要の賃貸物件のよさ

保証人不要の賃貸物件のよさ 多くの場合、賃貸物件を借りる際には保証人が必要となりますが、中には保証人不要の物件も存在しています。保証人不要物件のメリットは、契約に関わる様々な手間を減らすことができるという点にあるでしょう。保証人になってくれる相手というのは限られていますから、親戚や両親等に頼んでいるという方が多い傾向です。このため、親戚や両親との縁が切れていたり、遠方に住んでいるなどの場合、保証人になってくれる人物が見つからないケースもあります。また問題なく保証人を見つけられる場合であっても、書類への捺印や印鑑証明書の発行をお願いしなければならず、相手にも様々な手間をかけさせてしまいます。
保証人不要の賃貸物件なら、こうした手間をかけることなくスムーズに契約を進めることが可能です。親戚や親などが居ない、連絡が取れないといった場合でもお部屋を借りることができます。貸主側にとっては、契約のハードルを下げることで入居者を集めやすくなるというメリットがあります。

新着情報

◎2018/6/1

室内でのタバコは厳禁
の情報を更新しました。

◎2018/4/6

保証会社の活躍
の情報を更新しました。

◎2018/2/6

駐車場のトラブル
の情報を更新しました。

◎2017/12/4

無職でも借りられる賃貸
の情報を更新しました。

◎2017/10/3

同棲できる賃貸のメリット
の情報を更新しました。

◎2017/8/9

サイト公開しました

「賃貸 保証会社」
に関連するツイート
Twitter