賃貸選びの役立つ情報や基礎知識をご案内します

タイトル

楽器可の賃貸のメリットと向いてる人

楽器可の賃貸のメリット 賃貸のマンションなどではでは隣、上下階は騒音問題でよくトラブルとなります。ですので、テレビの音量はもちろんですが、音楽も大きな音を出さないようにします。
最近のマンションは防音性が高くはなってきたのですが、やはり音は気にします。更に楽器の音はテレビよりももっと大きいのでピアノ、ギター、管弦楽器などを部屋の中でやることはできないのが一般的な賃貸マンションです。
しかし、賃貸でも楽器を部屋で利用できるマンションも増えてきております。大きな音が出せるのがメリットですし、そのようなマンションに住みたいと考えるのが、音楽を専攻している学生です。音楽大学や芸術大学などの学生です。試験に楽器の演奏がありますし、演奏家を目指している人にとっては音が出せる部屋はとても魅力的です。
また、楽器可のマンションは音大生以外にも社会人にも人気があります。楽器が趣味の人や音量を大きくして映画などを楽しめるメリットがあります。

楽器可の賃貸物件でスタジオ代を浮かせられる

楽器可の賃貸物件でスタジオ代を浮かせられる 最近は様々なオプションがついた賃貸物件が増えていますが、楽器を演奏する人たちには楽器演奏可の物件が人気です。
楽器可と一口に言っても様々なパターンがあります。ピアノや弦楽器など演奏できる楽器に指定があったり、DTMや声楽も含め全ての音に対してOKを出していたり、また演奏できる時間も24時間可のところもあれば指定があるところもあるため、入居する際には確認が大切です。楽器可の物件は防音設備が整っており、ミュージックルームと呼ばれる防音室を部屋の中に備えているところもあります。
中には共用部にスタジオを備えている物件もあります。楽器を演奏したい人にとって、一般的な賃貸では24時間いつでも練習することは難しいためスタジオを借りる必要があります。練習のたびに借りていてはスタジオ代がかさみます。
楽器可の物件であればスタジオ代を節約できるだけでなく、重い楽器を持っての移動がなくなるためたくさんのメリットがあります。

新着情報

◎2018/6/1

室内でのタバコは厳禁
の情報を更新しました。

◎2018/4/6

保証会社の活躍
の情報を更新しました。

◎2018/2/6

駐車場のトラブル
の情報を更新しました。

◎2017/12/4

無職でも借りられる賃貸
の情報を更新しました。

◎2017/10/3

同棲できる賃貸のメリット
の情報を更新しました。

◎2017/8/9

サイト公開しました

「賃貸 楽器」
に関連するツイート
Twitter