賃貸選びの役立つ情報や基礎知識をご案内します

タイトル

こちらのサイトは、賃貸についての基礎知識を紹介しているサイトです。賃貸を借りるときに知っておきたいことについてわかりやすく解説をしているため、これから初めて物件を探す、という方にとっても役立つサイトとなっています。
これを見れば、選び方だけではなく、契約の際に注意すべき点などについても知ることができます。一度経験をしておけば次回以降の引越しでは困ることもなくなりますので、最初にこのサイトで勉強しておくと良いでしょう。

押さえておきたい賃貸の基礎知識

押さえておきたい賃貸の基礎知識 賃貸借契約の基礎知識を紹介します。そもそも賃貸借契約契約とは、一定の賃料で貸主が借主に対して物を貸して、使用収益をさせることです。ビデオレンタルサービスなどもこれに入りますが、人の生活の場となる住居を対象としたものが重要で、これを規律する関係法令も多くなっています。
借りるということは、いずれは返還をしなくてはなりません。このとき、原状回復義務が発生します。原状回復をする必要がある範囲については、日常使用にともなう経年劣化などについては、借主が負担する必要がないとされています。
つまり、故意や過失によって傷んでしまったものについてのみ、借主が費用を負担すべきということとなります。また、退去すると敷金返還請求権が発生します。

賃貸にあたり用意するもの

賃貸にあたり用意するもの 賃貸を借りる際に用意するものとして、所定の書類と費用が挙げられます。 必要書類として、まず、借主の関係書類として、免許証などの身分証明書、住民票は、発行期間が定められているため古いものは使えないので注意が必要です。収入を証明する書類として、源泉徴収や納税証明書。印鑑および印鑑証明書は、居住している自治体で、事前に印鑑登録を済ませておきます。家賃の支払いが引き落としの場合には、銀行口座印が必要です。口座番号も控えておく必要があります。
賃貸契約をする際に、連帯保証人が必要となった場合には、連帯保証人の住民票や印鑑証明が必要です。連帯保証人になってもらう人が決まったら、連帯保証人の承諾書に署名捺印をしてもらいます。
必要なお金については、初期費用は額が大きくなる場合が多いため、事前に確認しておくことをお勧めです。
まず、敷金、礼金が必要です。前家賃は当月分と日割り額に加えて翌月1か月分を前払いします。賃貸によって、鍵の交換費用も必要となります。契約成立に対する不動産会社への報酬として、仲介手数料。損害保険料などの保証会社に支払う費用の他に、保証会社を利用する場合には、家賃保証会社に支払いをします。
借りる賃貸によって、現金払いや振り込みなどの違いや、支払先や期日についても違うのでしっかりと確認しておくことが大切です。

おすすめ不動産関連リンク

都内のすべての物件から選べます。

池袋の賃貸なら

新着情報

◎2018/6/1

室内でのタバコは厳禁
の情報を更新しました。

◎2018/4/6

保証会社の活躍
の情報を更新しました。

◎2018/2/6

駐車場のトラブル
の情報を更新しました。

◎2017/12/4

無職でも借りられる賃貸
の情報を更新しました。

◎2017/10/3

同棲できる賃貸のメリット
の情報を更新しました。

◎2017/8/9

サイト公開しました

「賃貸 用意」
に関連するツイート
Twitter